冷やすゴミ箱

CLEAN BOX

NEWS

お知らせ

SOLUTION

いやな臭いを
根本的に凍らせる!

家庭の生ゴミや乳幼児の紙おむつ、ペットシーツなどのあのいやな臭い。クリーンボックスならマイナス11度で凍らせることで、根本的にシャットアウトできます! もう、臭いのことは気にせず、美味しいご飯やかわいい赤ちゃん、家族同然のペットとの気持のよい時間だけをすごしてください。

  • 鮮度そのまま!臭くない!
    調理後の生ゴミはゴミの日まで新鮮

  • 紙オムツやペットシーツの
    いやな臭いだって根本的に凍ります!

  • ひんやり気持ちいい!
    Tシャツやタオルのストッカーにだって

クリーンボックスは、電源さえあれば場所を選ばず、どこでもモノを冷やすことができます。食品が入っているからと諦めていた「冷やす」という解決方法が広がると、毎日がちょっとずつ豊かになります。

約5人に1人がゴミの日まで
生ゴミを冷凍室で保管しているそうです

冷やすゴミ箱

CLEAN BOX

¥48,180

3〜4営業日以内に発送いたします

Amazonで購入する

prime便で無料配送最短翌日お届け!

※Googleマップが開きます

USER REVIEW

一度使うと、ない生活には戻れない
冷やすゴミ箱と過ごす2週間

冷やすゴミ箱クリーンボックスは、これまでにないプロダクト。使ってみて初めて価値に触れられる商品です。だから、まずは素直にCLEAN BOXに触れてもらいたい。さまざまな方々にモニターとして使っていただき、率直なご意見や感想を伺ってみました。実際につかってみて、どうでしたか?

一度使うと、ない生活には戻れない
CLEAN BOX冷えてます

冷やすゴミ箱

CLEAN BOX

¥48,180

3〜4営業日以内に発送いたします

Amazonで購入する

prime便で無料配送最短翌日お届け!

DESIGN

これまでにない家電だから
暮らしの新しいあたりまえを想像して
製品をデザインしました

クリーンボックスは、ほとんどの人が体験したことのない家電。そんな製品を世に送り出し、たくさんの人に使ってもらうため、暮らしの新しいあたりまえとなることを目指してデザインをつくりました。

たっぷり入る の大容量

乳幼児用の紙おむつなら約30個、生ゴミ用のMサイズのゴミ袋なら約6個が収納できるサイズです。毎週のゴミ捨てのサイクルを考えて余裕の持てる内容量に設計しました。

省エネ!
電気代は一日たったの

一般的なご家庭での利用想定で、年間の電気代は約3,362円ほど。一日たったの9.2円でいやな臭いを気にすることなく、気持のいい暮らしがはじまります。

ファンレスなので音も気にならない

電源を入れて間もなくや、熱いものを入れ庫内の温度があがるとコンプレッサーが作動しますが、生活音の中ではほとんど気にならないほどの音です。温度が安定すると停止し無音になります。

キャスター付き!
暮らしに収まるサイズ設計

クリーンボックスの正面幅はたったの23センチ。底面にはキャスターが付いているので、インテリアの隙間にだってスムーズに収まり、置き場所にも困りません。

高さ : 690mm / 幅 : 230mm / 奥行き : 443mm

どんな部屋にも馴染む
ステンレス調仕上げ

家中のさまざまな小さな課題を冷やすことで解決できればと思い、外装は落ち着いたステンレス調仕上げです。インテリアを選ばずご利用いただけます。

電気代は一日たったの9.2円
いやな臭いを根本的に凍らせる

冷やすゴミ箱

CLEAN BOX

¥48,180

3〜4営業日以内に発送いたします

Amazonで購入する

prime便で無料配送最短翌日お届け!

FEATURE

出産祝いのスタンダードに👶
あの紙オムツの臭いも凍る、
冷やすゴミ箱は
いかがですか?

初めての出産の場合、赤ちゃんの紙オムツがあんなにも臭うものだって知らない人がほとんどです。そんなお父さんお母さんのために、子育てをちょっと豊かにするアイテムとして、冷やすゴミ箱クリーンボックスをお贈りしませんか。きっと喜んでいただけると思います。

日本子育て支援大賞を受賞
贈り物にもピッタリです!

冷やすゴミ箱

CLEAN BOX

¥48,180

3〜4営業日以内に発送いたします

Amazonで購入する

prime便で無料配送最短翌日お届け!

ABOUT

製造と販売について

冷やすゴミ箱クリーンボックスは、2019年に世界初の冷凍ゴミ箱として誕生し同年グッドデザイン賞の「BEST100」を受賞いたしました。また、今回の量産に先駆けて実施したクラウドファンディングでは、約1000人の方から合計で4000万円以上の応援を賜わっています。日本の産業発展とともに、自社で培ってきたものづくりの技術や考え方を、社会課題の解決や、豊かな暮らし実現のために還元していければと思います。